Here today, Gone tomorrow?


by Hiroshi N

Source: -perv

cabbagerose:

via: ericpiasecki
introduced by desiretoinspire

cabbagerose:

via: ericpiasecki

introduced by desiretoinspire

Source: cabbagerose

petapeta:

papertips:

nemoi:

voiture-jaune:

bennorussell:

5window:

(via nerviosismo)

petapeta:

papertips:

nemoi:

voiture-jaune:

bennorussell:

5window:

(via nerviosismo)

Source: nerviosismo

ysvoice:

| ♕ |   n a u t i c a   | by karmabum | via inspirart

ysvoice:

| |   n a u t i c a   | by karmabum | via inspirart

Source: Flickr / karmabum

はっきり言っておくが、 オイラーは半端な数学者ではない! まさに、オイラーは 「計算するために生まれてきた」 と言われるぐらい、天才的な数学の申し子だった。 「人が息をするように、鳥が空を飛ぶように、オイラーは計算をする」 と評されるオイラーは、とにかく、計算が速く、長大な計算を暗算で 簡単にやってのけることができた。 しかも、彼は、 「片手でゆりかごを揺らしながら、  もう一方の手で数学の論文を書いている」 と評されるほど、その天才的才能を一時も無駄にせず、 人生のすべてを数学に費やしたのだった。 その結果、彼が生涯で残した論文は、800以上もの数に達し、 それは未だ誰にも破られることのない数学史上の最高記録であり、 これらの論文が数学界に与えた貢献は計り知れない。 そもそも、僕らが使っている数学記号(π 、i 、e 、Sinθ 、Cosθ) のほとんどは、オイラーが決めたものなのだ。 そんな数学的才能に満ち溢れ、あっというまに数学の証明を解いて、 次から次へと論文を書き続けるオイラーだが、 彼の本当に驚くべき才能は、その桁外れの「集中力」にあった。 こんなエピソードがある。 オイラーが28歳のとき、 ある天文学の問題が、懸賞にかけられた。 その問題は、多くの数学者が 「何ヶ月もかけても、解けるかどうか…」 と尻込みするほどの難問だったのだが、 オイラーは、ぶっとおしで、その問題に取り組み続け、 ほんの3日ほどで、その問題を解決してしまったのだった。 だが、オイラーは、不眠不休で数学をやり続けた結果、 その代償として、片目を失うことになる。 しかし、数学のやりすぎで、目まで潰してしまったにもかかわらず、 「おかげで気が散らなくなった。前より数学の研究に打ち込める」 とさえ述べている。 こうして、その身すら いとわない驚くべき集中力で、 次から次へと数学の論文を大量生産していくオイラーだが、 60歳になったとき、ついに、もう一方の目も潰れてしまうことになる。 だが、たとえ盲目になっても、オイラーの数学は止まらなかった。 とっくに、引退してもおかしくない高齢にもかかわらず、 オイラーは、目が見えなくても、数学ができるように、 文字を書く特訓すら始めたのだった。 結局、目が見えなくなってからのオイラーの数学は、 むしろ、目が見えたときよりも、 「より独創的で生産的になった」と言われるほどにまで、 高みへと上っていくのである。 たとえば、現代のコンピュータでよくやるアルゴリズム的な計算方法は、 オイラーが目が見えなくなってから考え出されたものだ。 オイラーが発明した計算方法をつかえば、 とても解けそうもない複雑な方程式があったとしても、 「まず、テキトーに大雑把な答えを見つける。  次に、その答えを使って、もう少し精度の良い答えを導き出す。  そして、さらにその答えを使って、もっと精度の良い答えを…」 というのを100回ほど繰り返して、ある問題の近似解を見つける、 という、当時としては奇跡的なまでに画期的な方法を考え出している。 (そして、その計算をオイラーは目がみえないまま、  パッとやってしまうのだった) オイラーの時代には、すでに数学は、科学の道具として使われており、 船の設計から運行まで、数学に基づいて行われていた。 したがって、「厳密な答え」ではないが、 「実用的には十分使える精度の答え」 が出せるオイラーの計算方法は、当時の人々の生活にとって、 本当に価値のあるものだった。 そして、70歳を越えて、ついにオイラーも死を迎える。 だが、その死の当日すら、数学の研究に没頭していたという…。 後世の人は、オイラーの死をこう表現している。 「その瞬間、オイラーは、生きることと、計算することをやめたのだ」

Source: nakano

Tagged: Architecturephotophotography

Source: xote

idiotiquebaka:

そして、はだかー\(^o^)/ on Twitpic

idiotiquebaka:

そして、はだかー\(^o^)/ on Twitpic

ysvoice:

| ♕ |  espresso, mocha, cappuccino  | by frenchbydesign | via partytights

ysvoice:

| espresso, mocha, cappuccino  | by frenchbydesign | via partytights

Source: partytights

Source: slightbreak

一時間を 48分:12分 に分ける

The Power of 48 minutes などの記事でも紹介されていましたが、このテクニックは1時間を 48 分と 12 分に分割して、48分間はすべての雑音をシャットアウトして集中して仕事を片付けていき、その後12分間リラックスしてトイレにいったり、コーヒーを飲んだり、ちょっとメールをチェックしたりするというものです。

たったこれだけのテクニックですが、リンク先のブログにはこのテクニックを1日4回実行させることで、200ページの本を2週間で書き上げた人の話も紹介されていて、仕事のペースを作るのには非常に役立ちます。48分:12分 の分け方も恣意的ですが、実際にやってみると良い目安となっています。私の意志が弱いだけかもしれませんが、どうも集中力というのは1時間ちょうどではなく、せいぜい1時間弱しかもたないようです。

このテクニックが有効なのは、やる気や集中力を燃え尽きる直前のところで制御するという点にあります。私などは一度に仕事を詰め込みすぎるとかえって急速に燃え尽きてしまい、なんだかいやになって現実逃避にウェブをさまよい始めるという悪癖がありますので、このテクニックは割と頻繁に使います。

注意したいのはこの12分の休息は義務だということです。「おっ、調子がいいからこのまま続けよう」という発想で 48 分のリミットを超えて仕事を続けると、あとでガクッとエネルギーが足りなくなる傾向があるようです。

集中力を高める 48分:12分 時間活用法 | Lifehacking.jp (via yaruo) (via otsune) (via lunaryue)
2008-10-01 (via gkojay) (via petapeta) (via kuruyoku) (via nemoi) (via d-d-d) (via rosarosa) 2010-02-27 (via gkojay) (via usaginobike)

Source: yaruo